サイトマップ

こんにちは。

yamadamanblog山田@YxMxDxです。

筋トレを生涯の趣味にしつつブログを書いたり学習塾を運営したりしています。

 

このブログでは、筋トレや体作りについて、

筆者自身の筋トレ経験をもとに筋トレ初心者の皆さんに役立つ情報を発信しています。

 

✓このブログで発信している情報

  • 筋トレ情報
  • ダイエット・食事
  • 家トレグッズ
  • プロテインのおすすめやレビュー

などです。

ブログのやり方やマネタイズ、メンズ情報のコラムなどもちょびっと書いています。

 

体作りに関しては世間一般ではあやふやな情報も多いですが、

このブログでは筆者自身の経験をもとにした一次情報を発信しています。

ちなみに筋トレは「家派」です。

 

✓こんな方向けのブログです。

  • 少しでも若々しい体でいたい。
  • かっこいい体になりたい。
  • 少しでも体を絞りたい。
  • 筋肉をつけたい。

ーそんな方の「頑張りたい」を日々、応援しています!

このブログが皆さんの日々のトレーニングのガイドやヒントになれば幸いです。

以下の記事を順にご覧いただきながら、いっしょに頑張りましょう!

 

 

◆筋トレ情報

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

 

>>筋トレ情報 記事一覧...

 

 

◆ダイエット・食事

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

 

>>ダイエット・食事 記事一覧...

 

 

◆家トレグッズ・器具

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

 

>>筋トレグッズ 記事...

 

 

◆プロテイン/おすすめ・レビュー

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

 

>>プロテイン おすすめ/レビュー 記事...

 

 

◆ブログ

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

 

>>ブログ カテゴリ記事...

 

 

◆コラム

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

 

>>コラム カテゴリー記事...

 

 

【感想】魔法科高校の劣等生 夜の帳に闇は閃く【ネタバレあり】

【感想】魔法科高校の劣等生 夜の帳に闇は閃く【ネタバレあり】

魔法科高校の劣等生 夜の帳に闇は閃く (電撃文庫)

 

 

 

今回は感想記事です。

この記事は完全にネタバレありですので、内容を知りたくないという方はご遠慮ください。

それではまずはあらすじから紹介していきます。

 

 

夜の帳に闇は閃く あらすじ

魔法科高校の劣等生 夜の帳に闇は閃く (電撃文庫)

達也を狙う組織に、黒羽姉弟が立ち向かう! 魔法科の新スピンオフ開幕!

 2097年8月、世界に衝撃が走った。ひとりの魔法師が大国に対抗する実力を示したのだ。
 その魔法師の名は司波達也、「触れてはならない者たち」と恐れられる四葉家の一員にして、当時まだ18歳の高校生であった。
 この事件を契機に、彼は世界から恐れられ、現状の世界体制の維持を願う者たちから密かにその命を狙われる存在となる。
 2099年の春、魔法大学に黒羽亜夜子と文弥の双子が入学する。
 新たな大学生活、そしてなにより上京することで四葉家の諜報部門を担う黒羽家の一員として敬愛する達也の力になれることを楽しみにしていた。
 だが、そんな亜夜子と文弥に達也のことを狙う海外マフィアの影が忍び寄り――。

以上、公式のあらすじでした。

ここからは概要、感想に向かいます。

 

概要(ネタバレなし)

『魔法科高校の劣等生 夜の帳に闇は閃く』はタイトルの通り「魔法科高校の劣等生」の外伝となっています。

主人公は四葉家のメンバーである黒羽亜夜子と文弥の姉弟で、外伝とはいえ司波達也もしっかり登場して内容に関わっており、本編とも絡む非常に重要な作品になっています。

描かれている物語の時系列は『魔法科高校の劣等生』完結後の世界と魔法科続編『メイジアンカンパニー』の間をつなぐような年代の話で、見逃せない内容です。

アニメ第2期終盤そして第3期に本格登場した黒羽亜夜子・文弥の活躍と、彼らが取り組む任務や環境、キャラ設定・普段の様子・心情なども改めて描かれ、物語の広がりを感じさせてくれます。

もちろんここだけで描かれるキャラクターもいて本編に繋がる内容も示唆されており、魔法科ファンブックのような必読の1冊となりました。

さて、この後は感想戦です。

ネタバレありで書いていきますので、ここからは本を読んだあとで改めて読んでいただければ幸いです。

感想(ネタバレあり)

ここからは本の内容に入っていきますので、実際に読んだ上でお読みください。

また当ブログ筆者の個人的な感想も含みますので予めご了承ください。

 

 

亜夜子・文弥の心理描写

今作は亜夜子と文弥が主人公でしたが、ファンとしては普段の彼らの様子や心理描写が多く描写されたのがうれしい部分かなと思います。

原作本編やアニメでもたびたび登場している彼らですが、彼らの立ち位置として分かっていることは、

  • 四葉分家「黒羽家」の次期当主の姉弟であること
  • 四葉の裏稼業(諜報)の魔法師として優秀であること
  • 姉弟どちらも達也に好意を持っていること
  • 黒羽家の現当主(父・貢)は達也を毛嫌いしていること
  • 高校は第四高校であること
  • 達也たちとは1学年差であること

などでした。

本作は彼らが達也たちに続いて魔法大学に入学したところから始まります。

 

 

さて心理描写ですが、筆者が注目した点は2点で、

  1. 亜夜子は深雪に複雑な感情を抱いている様子が明示された点
  2. 文弥が亜夜子を過剰に意識してしまっている点

です。

 

 

まず1つ目ですが亜夜子について。

 

 

本編でも亜夜子は達也を異性として意識している描写がされていましたが、今回は深雪に対して暗い想いに至ってしまっている点が描かれたことは興味深かったです。

 

 

深雪が頭によぎって亜夜子の表情が消える、と本編にありました、、。

 

 

というのはファンなら既読だと思いますが、本作以前で達也と深雪は婚約状態になっていることがその原因ですよね。

 

 

本家の意向、深雪の想い、達也の想いなどを考えると自分が立ち入る隙は無いですし、「ほんとは兄妹なのに?」という気持ちもあるでしょうし、自分の達也への想いもあるでしょうし、問題はかなり複雑です。

 

 

黒羽家の長女としてしっかり教育を受けているので大きな問題にはならないでしょうが、今後の展開で暗い影にならないことを祈ります。

 

 

2つ目は文弥の亜夜子への過剰な保護欲というか複雑な感情についてです。

 

 

これは本編では文弥が亜夜子と刑事・空澤の関係性を快く思っていないという描写があったからなのですが、若干「姉を憂う弟」の範疇を超えていたような、、。

 

 

個人的には亜夜子と文弥の2人には軽口を叩きながら快活にスパイアクションする姉弟でいてほしいので、あまり関係性として生々しくなってほしくないかなと思います。

(個人的感想なのであしからず)

 

 

他の外伝・続編とのつながり

この作品は他作品とのつながりを意識したかのように様々なギミックがあり、象徴的なのは文弥の暗殺チームである「チーム・ナッツ」が登場することです。

 

 

『司波達也暗殺計画』で登場した榛有希を中心とした面々が堂々と活躍することから、実質的な続編ともいえます。

 

 

また、敵対するのがロシアンマフィアということで間接的にロシア関連のストーリーでもある『キグナスの乙女たち』にもつながりますし、登場人物的には当然魔法科の続編である『メイジアンカンパニー』にもつながります。

特に『メイジアンカンパニー』の8巻ではしっかり黒羽姉弟も登場しました。

 

 

このように魔法科世界の外伝はクロスオーバーの様相で、非常に面白くなってきています。

 

 

『キグナス』にもエリカが登場したりしたので、この『夜の帳』にも四葉家の人物や関係者が続々登場するかもしれませんね。

今後も外伝にどの人物が出てくるのか非常に楽しみです。

 

 

まとめ

今回は『魔法科高校の劣等生 夜の帳に闇は閃く』の感想をお届けしました。

 

 

この作品は1冊で終わらないようで、この記事を書いている2024年5月現在、2冊目が予告されています。

上述しましたが、亜夜子と文弥の活躍以外にも意外な人物の登場も楽しみにしたいと思います。

外伝も面白い魔法科ワールドに今後も期待したいですね。

 

 

そんなわけでまた次回

 

 

ではでは

 

 

 

購入はこちらから

©︎yamadamanblog all right reserved