【低カロリー・低脂質】あずきバーが筋トレにおすすめの3つの理由

【低カロリー・低脂質】あずきバーが筋トレにおすすめの3つの理由

 

井村屋 井村屋 BOXあずきバー 65ml×6個×8箱

 

 

こんにちは、山田です

 

 

暑くなってきました。

 

 

アイス、食べたいですよね。

アイスに関してはボディメイクというか体型維持、筋トレなどされている方は非常に気にされると思います。

 

 

そこで今回は以下の内容について。

 

 

そう、「あずきバー」です。好きな人多いですよね。

筆者も大好きなあずきバー。

2020年は2億9000万本売れたそうです。すげー。

 

 

これが筋トレ、ダイエットにおすすめなんですよね。

ということで今回のギモンはこちら。

 

 

\今回のギモン/

  • あずきバーってカロリー的に食べても大丈夫なの?
  • 太ったりしないかな?
  • 栄養や成分などを知りたい。他のアイスと比べてどうなんだろう。
  • 太らない食べ方は?

 

 

結論です。

 

 

結論:あずきバーは太りにくい(運動はしよう)

ということで結論ですが、あずきバーは運動を頑張るダイエッターや筋トレを頑張る人に非常におすすめです。

理由としては以下の3つ。

あずきバーをおすすめする3つの理由

  1. カロリーが低いこと
  2. 脂質が低いこと
  3. 「良い糖質」であること

 

そんなわけで、あずきバーがなぜ太りにくいのか、3つの理由の観点から、深掘りしていきましょう。

 

 

 

1、カロリーが低いこと

体作りで気になるのはカロリーです。カロリーの摂りすぎは大敵ですね。

そんな中、あずきバーのカロリーは110kcalとかなり低め。

プロテイン1杯とほぼ同じです。

 

 

ちなみに他のアイスと比べても

  • スーパーカップ1個:374kcal
  • ハーゲンダッツ1個:244kcal

 とあずきバーのカロリーの低さは際立ちます。

 

 

これは乳成分が少ないことが理由です。

アイスを食べても低カロリーというのは、体作りには非常に嬉しいですよね。

 

 

ちなみに、、、

  • あずきバー:110kcal
  • ケーキ:340kcal
  • ようかん(2切れ):180kcal

とスイーツという大枠の中や、同じ餡子のおやつと比べても低め。

非常に使い勝手の良いアイスと言えます。

 

 

2、脂質が低いこと

筋トレーニー、ダイエッターにあずきバーをおすすめする理由の2つ目は「脂質の低さ」です。

 

 

ちょっと先ほど挙げたアイスと比べてみます。

  • スーパーカップ:23.6kcal
  • ハーゲンダッツ:16.3g
  • あずきバー:0.3g

以上のように脂質が桁違いに低い。脂質は糖質よりも燃えにくく、溜め込まれやすい。脂肪のもとといって過言ではありません。

なぜ低いのでしょう?

 

 

低い理由

低さの理由はやはり乳成分が無いからでしょう。

基本的なあずきバーの原材料にはミルクは入っていません。

これについては次項で。

 

 

3、「良い糖質」であること

筋トレ、ダイエットにおすすめである理由、最後は「あずきバーが良い糖質だから」です。

糖質オフ信者に怒られそうですが、解説します。

 

 

糖質は体を動かすガソリン

体作りにおいて糖質が嫌われる理由は「溜め込むと脂肪になるから」です。

 

 

しかし同時に糖質は体を動かすエネルギーでもあり、脂質に比べれば燃えやすいのも特徴です。

 

 

あずきバー:ほぼ糖質のみ

ということで糖質は運動に重要なのですが、先ほど見たようにあずきバーは脂質が低く「ほぼ糖質」といっても良いと思います。

 

 

つまり消費しやすい。

 

 

よって「おいしく食べられてエネルギーになり、消費しやすい」という夢の食べ物、それがあずきバーといえます。

 

 

どれくらいで消費できる?

ではどれくらいの運動で消費できるのでしょうか?カロリーを目安に考えます。

あずきバーによる摂取カロリー:114kcal

ランニング30分:200〜280kcal

ウオーキング(早歩き)30分:およそ110kcal

スクワット(重りなし)1回:4kcal 

ということで、カロリーとしては30~60分の有酸素運動で余裕で消費可能です。

 

 

ちなみにスクワットなどの筋トレはカロリー消費が少ないですが、筋肉が増えると基礎消費量が増えるので、生きてるだけで痩せます。

なので有酸素と合わせてやってあげると良いと思います。

 

 

消費だけでなく、糖質はトレーニング後の疲労回復にも効果があります。年齢が上がるとリカバリに気を使わないとすぐ体調を崩します。笑

年齢の割にハードな筋トレをしている方は、おいしく食べてください。

 

 

ということで今回は以上です。

 

 

まとめ:あずきバーはアイスの中ではダイエット向け(運動はしよう)

井村屋 井村屋 BOXあずきバー 65ml×6個×8箱

あずきバーをおすすめする3つの理由

1、カロリーが低いこと:1本110kcal

2、脂質が低いこと:1本0.3g

3、「良い糖質」であること:低脂質で糖質だけを摂れる

 

 

ということでした。

 

 

今回はあずきバーを特集しましたが、「あんこ」は非常に優秀な糖質で、最近は国内外問わずアスリートにも注目されつつある食品でもあります。

 

 

おいしく食べて、しっかりトレーニングをしましょう。

 

 

 

 

*このブログでは筋トレ、ダイエット、体作りについての記事をたくさん載せています。

「からだ」カテゴリからぜひごらんください。

 

 

ということで、今日はここまで

 

 

それでは!

 

 

▷おすすめ記事

【ジム不要】自宅筋トレ効果が爆発的にUPする3種の神器【メニュー・コツも解説】 - 山田記
www.yamadamanblog.com

 

▷おすすめ記事

【無料】おすすめオンラインフィットネス厳選3社【続かない人向け】 - 山田記
www.yamadamanblog.com

 

✔︎あわせてよみたい

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com

www.yamadamanblog.com 

www.yamadamanblog.com

 

©︎yamadamanblog all right reserved