【水戸ホーリーホック】2020移籍・スタメン・戦力分析(2/26時点)

【水戸ホーリーホック】2020移籍・スタメン・戦力分析(2/26時点)

f:id:yamadaman0618:20200227011923j:plain

この記事について:

この記事を読むとこれがわかる
  • 水戸ホーリーホック2020移籍情報
  • 水戸ホーリーホック2020戦力分析3つのポイント
  • 水戸ホーリーホック2020スタメン
  • 水戸ホーリーホックの試合を見る方法

--------------------------------

\サッカー・野球・バスケ 見放題!/

 DAZN

*1ヶ月以内は完全無料で見放題

 --------------------------------

*目次から必要なところへどうぞ!

お品書きはこちら!

 

水戸ホーリーホック:2020移籍情報

それでは早速IN/OUTから見ていきましょう!

f:id:yamadaman0618:20191226212313j:plain

IN

(:前所属)

  • GK牲川歩見:アスルクラロ沼津
  • DF前川洋太:横浜FC(レンタル)
  • DF乾貴哉:ジェフ千葉(レンタル)
  • DF大原彰輝:アルビレックス新潟シンガポール(復帰)
  • DF住吉ジェラニレショーン:国士舘大
  • MF奥田晃也Y.S.C.C.横浜
  • MF河野諒:Y.S.C.C.横浜
  • MF山田康太:横浜Fマリノス(レンタル)
  • MF安東輝:松本山雅(レンタル)
  • MF深堀隼平:名古屋グランパス(レンタル)
  • MF平田海斗;水戸ホーリーホックユース
  • MF松崎快:東洋大
  • FW中山仁斗:ジュビロ磐田
  • FW山谷侑士:横浜Fマリノス(レンタル)
  • FW山口一真:鹿島アントラーズ(レンタル)
  • FWアレフ・ピットブル:ベルソSC/ポルトガル(レンタル)

【POINT】

昨年はとんでもない勢いで開幕からぶっ飛ばした水戸。今年も勢いとレベルアップを求めて活きの良い若手が集合しました。

今期注目はマリノスからレンタルでやってきた「ハマのプリンス」こと山田康太選手

彼がチームを勝たせる事が出来る選手になれるかどうか、非常に注目のシーズンといえます。

 

OUT

(:移籍先)

  • GK長谷川凌:ヴェルスパ大分(レンタル)
  • GK村上昌謙:レノファ山口(レンタル終了)
  • GK石井綾:ツエーゲン金沢
  • DF浜崎拓磨:ベガルタ仙台
  • DF志知孝明:横浜FC
  • MF白井永地:ファジアーノ岡山
  • MF茂木駿佑:FC琉球
  • MF前寛之:アビスパ福岡(レンタル終了)
  • MF黒川淳史:大宮アルディージャ(レンタル終了)
  • MF福満隆貴:セレッソ大阪(レンタル終了)
  • MF浅野雄也:サンフレッチェ広島(レンタル終了)
  • MF中川洋介:不明
  • FW宮本拓弥:Y.S.C.C.横浜
  • FWジョー:リネンセ/ブラジル(レンタル終了)
  • FW清水慎太郎:大宮アルディージャ(レンタル終了)
  • FW小川航基:ジュビロ磐田(レンタル終了)
  • FW齋藤恵太:ブラウブリッツ秋田

【POINT】

昨年上位進出を叶えたスタメンメンバーはほとんど移籍したり元のチームに復帰しました。しかも加えて監督も交代。

チームとして新たなサイクルに入っているともいえるでしょう。

 

水戸:戦力分析3つのポイント

全選手・年齢・ポジション分布図

f:id:yamadaman0618:20200227011141p:plain

こちらの表を用いてチーム事情をみていきます。

 

POINT①2019年度は7位でフィニッシュ

昨年は開幕スタートダッシュを決めた水戸。最終的にも7位で終了。惜しくもプレーオフ圏内は逃してしまいましたが、攻撃の破壊力は日本中のサッカーファンを驚かせました。

放出欄でも述べた通り今年はメンバーの大半が入れ替わっています。

よって最初から上位は難しいかもしれませんが、選手のレベルアップ具合が今年も気になりますね。

 

POINT②若手がグングン伸びる:登竜門クラブ化成功!

昨年、水戸は完全に登竜門としての地位を確立したといえます。

水戸の育成が有名になったきっかけは前田大然選手です。日本代表にまでなった前田選手。現在はポルトガル移籍にまで上り詰めた彼が最初に大ブレイクしたのは、水戸でした。

そこから昨年はオリンピック代表のエースである小川航基が活躍の場を求めてやってきたり、序盤に活躍したDFである伊藤槙人選手がマリノスに引き抜かれたりしました。

リーグ終了後も志知選手などのスタメンに経済規模の大きいチームからオファーが殺到。

今期の水戸にはどのような果実が実るのでしょうか、注視していきたいと思います。

 

POINT③コロナウイルスでリーグ中断練度UPの期間確保

育成型クラブといえば、選手が成長してステップアップ移籍することから逃れられない宿命にあります。

今年も大幅な入れ替えが行われ、2019年まで3年間監督を務めた長谷部監督まで引き抜かれてしまいました。

オフには濃いキャンプが行われすでに選手のレベルアップが行われているようですが、練度を高めていかなければプロリーグは戦えません。

 

奇しくも現在、日本ではコロナウイルスでリーグ戦が中断しています。

 

試合が見られないのは残念ですが、水戸にとっては練習時間を取れる良い期間です。

登竜門としてのネームバリューに集まった才能達がどれだけ練度を高められるのか。

 

初戦は大宮相手に黒星を喫してしまいましたが、中断明けに期待が高まります。

 

水戸ホーリーホック:2020スタメン・フォーメーション

昨年

f:id:yamadaman0618:20200227011335j:plain

2020開幕スタメン

f:id:yamadaman0618:20200227011350j:plain

それにしても昨年のフォーメーションは異常にレベルが高い。。。

ファン・サポーターが今年のチームについてどう思っているのか気になります。

1年目秋葉監督の戦術は気になりますね。

次は観戦情報です。

 

 --------------------------------

\サッカー・野球・バスケ 見放題!/

 DAZN

*1ヶ月以内は完全無料で見放題

 -------------------------------- 

試合を見る方法

さて、ここからは実際に試合を見る方法です。

すでに観戦スタイルが確定している人は特に飛ばしていいです。

 

DAZNで見る(1ヶ月は無料)

J2の試合を見るには加入するしかありません。

まだ登録してない方は入らないとですね。

 

登録はこちらからどうぞ

→ 【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

料金は月額1,800円ほどです(ドコモの方は980円)

 

DAZNはJ2だけでなくJ1・J3・プレミア・スペイン・フランスなどの試合が見放題。

サッカー以外では野球やラグビー、バスケットボールも見放題。

しかも初回1ヶ月無料控えめに言ってお得すぎます。

こちらから登録可能です。まだ登録してない方は急ぎましょう。

 

(コロナウイルスが怖い人も、登録すれば家で見られます)

 DAZN

 

現地で見る

僕は寒いのも暑いのも感染症もイヤなので引きこもりつつPC観戦。

現地は行かないのですが、チケットは以下の方法で買えます。

 

・ぴあ 

王道のぴあ。こちらからチェック。

https://t.pia.jp

 

・チケットストリート

チケット売買サイトです。ホームで売り切れみたいなチケットもちょっと安くなるかもしれないですね。ご希望の場合はこちらからどうぞ。

"完売チケット"なら"チケスト"で

 

・セブンネットショピング

こちらの画像がリンクです。セブンでチケットを買うってあんまりイメージないですけど時代ですね。

受け取りがセブンな送料無料ですから、家から近い人は便利ですね。

 

 生活のすべてはセブンネットで【セブンネットショッピング】

 

 

・公式サイトでも買えます。 

FC MITO HOLLYHOCK | 水戸ホーリーホック公式ウェブサイト

こちらからどうぞ。

 

まとめf:id:yamadaman0618:20200227011923j:plain

今回は水戸ホーリーホックの分析を行いました。

ざっと振り返ると

  • 去年のメンバーはすごかった
  • 今年も素材は良い
  • 中断期間にチーム力を高めたい

という感じですかね。

それでは!

 

 --------------------------------

\サッカー・野球・バスケ 見放題!/

 DAZN

*1ヶ月以内は完全無料で見放題

 -------------------------------- 

人気記事

DAZNの無料期間2回目の利用方法・やり方の解説

Jリーグ戦力分析シリーズ

【コスパ高】自宅で筋トレするならダンベルを買うべき理由【おすすめトレーニングもあり

【コスパ優良すぎ】メンズダウンジャケットならNANGAをおススメする理由

 

*目で見てわかる一覧表!『Jリーグが楽しくなる分析ブログ』毎日更新中

twitterで更新情報発信中です。

登録はプロフィールから!フォローお願いします。筆者が喜びます。

©︎yamadamanblog all right reserved