【サンフレッチェ広島】2020移籍/スタメン予想(1/30時点)

 【サンフレッチェ広島】2020移籍/スタメン予想(1/30時点)

f:id:yamadaman0618:20200130235610j:plain

この記事について:

この記事を読むとこれがわかること
  • サンフレッチェ広島の2020全移籍

  • 2020年チーム事情
  • 2020予想フォーメーション
  • 開幕戦情報
  • 広島の試合を見る方法

 順番に読んでほしいとは思いますが、面倒な方は目次からご希望の項目へ飛んでください。

 

お品書きはこちら!

 

サンフレッチェ広島移籍情報

f:id:yamadaman0618:20191226212313j:plain

それでは早速IN/OUTから見ていきましょう! 

IN

(:前所属)

  • GK増田卓也:町田ゼルビア
  • DF櫛引一紀:名古屋グランパス
  • MFエゼキエウ:ボタフォゴ/ブラジル
  • MFハイネル:トンペンセ/ブラジル(レンタル延長)
  • MF浅野雄也:水戸ホーリーホック
  • MF茶島雄介:ジェフ千葉
  • MF土肥航大:サンフレッチェ広島ユース
  • MF清水航平:清水エスパルス(完全移籍化)
  • FW永井龍:松本山雅
  • FWレアンドロ・ペレイラ:松本山雅(レンタル延長)
  • (FW工藤壮人:レノファ山口)
  • FW鮎川峻:サンフレッチェ広島ユース

【POINT】

昨年は堅守とクロス攻撃が強みだった。今年はそのクロスを決めきるドウグラスヴィエイラ選手の「決定力」に永井選手の「高さ」のオプションを加えていきたい狙いが見える。茶島・清水・浅野・エゼキエウ選手など各サイド選手も加えて盤石のスカッド。

 

✳︎工藤選手に()がついてるのは、現時点ではオーストリアから帰ってくるのが広島かはわからないからです。

 

OUT

(:移籍先)

  • GK中林洋次:横浜Fマリノス(レンタル→完全移籍)
  • DF和田拓也:横浜Fマリノス(レンタル→完全移籍)
  • DFサロモンソン:アビスパ福岡(レンタル)
  • DF水本裕貴:町田ゼルビア(レンタル)
  • DFイヨハ理ヘンリー:FC岐阜(レンタル延長)
  • MF吉野恭平:ベガルタ仙台
  • MF稲垣祥:名古屋グランパス
  • MF川井歩:レノファ山口(レンタル延長)
  • MF河村拓夢:愛媛FC(レンタル延長)
  • MF長沼洋一:愛媛FC(レンタル延長)
  • FW渡大生:大分トリニータ
  • FWパトリック:ガンバ大阪(レンタル→完全移籍)

【POINT】

既にレンタル済みの選手が多かったので移籍放出は少ないですが、一番影響が大きいのは昨年も活躍したボランチ稲垣選手の移籍です。

非常に守備ポイントが高い選手でした。ただ、ボランチには今期オリンピック代表選出へ活躍が期待される松本泰志選手がいます。

彼にかかる期待はさらに大きくなったといえます。

 

サンフレッチェ広島:戦力分析3つのポイント

全選手・年齢・ポジション分布図

f:id:yamadaman0618:20200130235547p:plain

こちらの表を用いてチーム事情をみていきます。

 

PIOINT①燃えよヤングス!オリンピック代表組4人集

今年はオリンピックイヤー、22歳までの選手が目の色を変えて出場機会を求めています。

 

現在オリンピック代表チームは海外組選手が中心で選出されると言われていますが、広島が夏までに優勝戦線に絡んだとして、そのチームの中心選手を森保監督は無視できないはずです。

その証拠に2019年後半は大迫選手、松本選手、森島選手、そして東選手までもが代表に招集されました。

(サムネイルの4名。かっこいい。そして皆上手かった。)

 

POINT3でもユースには触れますが、現在ユース育成で成功している日本のクラブの代表格は広島です。この記事を貼っておきますので是非チェックしてください。すごい選手ばかり。

www.sanfrecce.co.jp

 

東京オリンピックは日本サッカー育成面での一つの回答でもあるので、そこに広島の選手がどれだけ絡んでくるかは本当に楽しみです。

既に確定している可能性の高い大迫選手を筆頭に、各選手の活躍に期待しましょう。

 

大迫敬介選手・松本泰志選手・森島司選手・東俊希選手がみんなイケメンなので広島サポの方は応援しがいがありますね。

 

POINT②3年目の城福スタイル、成熟へ

1年目の2018年が2位、2年目2019年は6位。

監督のサイクルは3年間とよく言われます。2020シーズンは勝負の3年目。昨年は順位を落としこそすれども不幸中の幸い、今シーズンはACLでの負担は無し

 

そしてメンバーの入れ替えもほとんどなく、佐々木は日本代表に定着し、ベテランは絶頂を迎え、さらには若手も意気揚々。

これほど整い燃え上がるシーズンはありますか、広島の皆さん。

2020年は広島の年になるかもしれません

 

POINT③遂に生まれるか?ユース産ストライカー

最後にユースの話題ですが、なかなか出てこなかったユースからの昇格ストライカーが出てきました。

鮎川峻選手です。 同い年の土肥選手も期待ですが、この鮎川選手は2018年プレミアU-18のMVP選手であり、2019年U18日本代表選出選手でもあります。

 

これまでのユース昇格選手はDF・MFでは優秀な選手がたくさん輩出されてきました。

詳しくはPOINT①のリンクを見て欲しいですが、代表的な選手は現レッズの槙野選手や柏木選手ですね。

ストライカーは大成してきてはいません。そこで、ここにきて鮎川選手です。

 

この選手は抜けだして良し、合わせて良し、突破して良しという役満選手。

百聞は一見にしかず、こちらが動画です。ぜひトップでも頑張ってほしいです。


鮎川峻 プレー集 | サンフレッチェ広島ユース → サンフレッチェ広島 | Shun Ayukawa

 

間違いなく中国地方の育成最前線の広島、今後も期待したいですね。

以上ポイント3つでした。

 

2020スタメン・フォーメーション予想

昨年

f:id:yamadaman0618:20200130235614j:plain

  • 昨年大きな武器になったのは森島・柏両選手による左サイド攻撃でした。クリエイティビティが高い。
  • FOOTBALLLABさんのデータによれば攻撃ポイントはリーグ5位、ディフェンスポイントはリーグ首位でした。
  • 改善点はFWの決定力UPでしょう!(チーム内得点王は柏選手)

 

2020スタメン予想

f:id:yamadaman0618:20200130235617j:plain

  • ほぼ変わってませんが、それが強み。
  • 試合後半にセンターFWに永井選手が入れば高さでリズムが変えられるし、鮎川選手が入っても疲れた相手DFを置き去りにして点で合わせる、というのいいかもしれないですね。
  • いずれにしろ楽しい試合が期待できそうです。城福監督の熱いガッツポーズが見たいですね。目指せ優勝です。

 

開幕戦情報

開幕日程:2/23(日)

対戦相手:鹿島アントラーズ

開催スタジアム:エディオンスタジアム(HOME)

初戦は伝統の一戦・アントラーズ戦!いまのところ鹿島はチームビルド真っ最中なので、初戦は波に乗るチャンスもしれないですね。

 

ちなみに鹿島の戦力分析はこちらです。

よかったら見てみてください。

www.yamadamanblog.com

 

 

試合を見る方法(チケット情報も)

DAZNで見る

この記事を読んでくださっている方は加入している方がほとんどかもしれませんが、無料体験・登録はこちらです。

 【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

料金は月額1,800円ほどです。

まだ加入してない方がいたら、Jリーグは2月開幕ですので開幕くらいに登録しつつ決めたらいいと思います。1ヶ月は無料で見られるのでお試しでどうぞ。

ほんと文明の力ですね、どこでも見れるのは便利です。今はプレミアリーグが楽しい感じです。

  

現地で見る

僕は引きこもりなので現地観戦はしないのですが、チケットは以下の方法で買えます。

 

・ぴあ 

王道のぴあ。こちらからチェック。

https://t.pia.jp

 

・チケットストリート

チケット売買サイトです。ちょっと安くなるかもしれないですね。ご希望の場合はこちらからどうぞ。

"完売チケット"なら"チケスト"で

 

・セブンネットショピング

こちらの画像がリンクです。セブンでチケットを買うってあんまりイメージないですけど時代ですね。

受け取りがセブンな送料無料ですから、家から近い人は便利ですね。

 

 

 

・サンフレッチェ広島公式ホームページでも買えます。 

サンフレッチェ広島ページ| SANFRECCE HIROSHIMA

 

まとめ

 

今回はサンフレッチェを見てきました。

まずはオリンピック組が年間を通してどこまで頑張れるかですね!青山選手や佐々木選手などのベテラン選手にもガンガン主張していくくらいの勢いが見たいです。

 

個人的に一番期待しているのはGK大迫選手です。 優しい顔してますが、筋肉がエグい。

フル代表にも入って貫禄もついてきました。今年もサンフレッチェの堅守を支えてほしいし、代表でも川島選手を超える大キーパーになってほしいです。

 

それでは!

©︎yamadamanblog all right reserved