【the NEXT①】タレント集団・帝京長岡卒業生の進路を追え!

【the NEXT①】タレント集団・帝京長岡卒業生の進路を追え!

f:id:yamadaman0618:20200120145830j:plain

みなさん今年の高校サッカー選手権はご覧になりましたか?

僕は後半から後追いでしたが見させていただきました。本当に今の高校生のサッカーはプロ顔負けですね。驚きました。

 

というわけで東京五輪イヤーの今年は代表年代になる22歳前後のスタープレイヤーのニュースが多くなるかもしれませんが、このブログではさらに下の「パリ五輪」世代のネクストプレーヤーをピックアップしていきたいと思います!

 

今回は惜しくも高校選手権で敗れてしまった新潟県最強の帝京長岡高校からピックアップします。早速見ていきましょう!

 

 

 

参考資料はこちら!

今回はこちらの記事

www.nikkansports.com

 

それとこちらのチャンネル⇩

www.youtube.com

より画像をお借りして選手をピックアップしていきます。

 

1、帝京長岡の卒業生進路をピックアップ

まずは帝京長岡高校の卒業生で発表されているところをピックアップすると...

f:id:yamadaman0618:20200120145449p:plain

(画像引用)ミルクサッカーアカデミー

 

  • FW晴山岬:町田ゼルビアFC(J2)
  • MF谷内田哲平:京都サンガ(J2)
  • DF吉田晴稀:愛媛FC(J2)
  • FW矢尾板岳人:中央大
  • MF田中克幸:明治大
  • GK猪越優雅:中央大
  • DF丸橋喬大:日本大

なんとプロ入りが3人。それだけ現在の高校サッカーのレベルが高いということかもしれませんが、青森山田でもプロ入りは2人です。

強豪でもプロ入りは1人いれば良いレベルですから、帝京長岡が異次元レベルであることがわかります。

 

ほか、画像でもピックアップされている選手は進学先が既にサッカー部が強豪の大学に決まっています。

明治大に進学するMF田中選手もプロとしてのオファーがあったそうです。みんなしっかりチェックしてるんですね。

 

もし高校サッカーの試合がしっかり運営されて今後ネット配信されるようになったら、海外もオファーもあるかもしれませんね。

 

 

2、ドラマよりドラマティック!攻撃トリオ14年間の物語

晴山・谷内田・矢尾板選手の3人はいずれも長岡ジュニアユース出身。地元を同じくし、幼少期から14年間いっしょにサッカーをしてきました。コンビネーションも抜群。

 

ちなみに晴山選手はハンター型の点取り屋


晴山岬 プレー集 帝京長岡高 U-18 日本代表

 

谷内田選手はパサーでテクニシャン


谷内田哲平 プレー集|帝京長岡高校→京都サンガF.C.|Teppei Yachida 2019-2020

 

矢尾板選手はドリブラー


高校サッカー 帝京長岡vs神戸弘陵 矢尾板岳斗

 

三者三様のプレーヤースタイルで全員が日本代表レベル。

ちっちゃい頃から一緒で成長の仕方もそれぞれなのに全員が全国大会レベルになるってめちゃくちゃ面白いですよね。

保護者の皆さんも揃って鼻が高いでしょう。試合後のロッカールーム映像はグッとくるものがありました。

 

「中学から一緒のトリオ、全員が世代別日本代表で高校全国大会」って漫画の『シュート!』みたいだなと思いました。すごすぎです。

重なった人も多いかもしれませんね。

シュート!(11) (週刊少年マガジンコミックス)

シュート!(11) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者:大島司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: Kindle版
 

進学もあるし、一つのチームでずっと一緒にやっていくって日本だと難しいと思うんですよね。スポーツでもなんでも。

 

彼ら3人にとってはサッカーが人生というか青春そのものだったと思うので、離れ離れになるこれからはお互いに刺激し合っていってほしいですね。

 

3、目標は各地で修行→代表で集合

これはどのチームにでも言えることですが、

「いつか代表でまたやろう!」みたいな合言葉でサッカーを続けていく約束をしている強豪校の選手達は多いと思います。正直、こういうのはなかなか達成が難しいですよね。漫画でもない限り。

 

ですが進路先を見ていくと、帝京長岡は真実味があります

中央大や明治大はしっかりプロを輩出する大学サッカーの強豪ですし、J2京都や町田は計画的にJ1へ昇格を狙っているようです。

 

ここにピックアップしていない選手も大学年代でレベルアップするということもあるそうですし、個人で海外挑戦する選手も増えてきています。

フル代表やオリンピックに帝京長岡出身のメンバーがたくさん、ということもあるかもしれませんね。

 

まとめ:強豪の秘密は?

新世代を紹介していく「the NEXT」、今回は帝京長岡をピックアップしました。どうでしたか?

 

帝京長岡の強さの秘密は、「主力選手は中学年代からいっしょにプレーさせていること」らしいです。

これはユースの考え方といっしょですし、育成では既に飛び級してるんですね。教育に今必要なことだと思います。

 

それにしても今の世代は本当にすごいですよね。はじめにも書きましたが、どの試合も高校サッカーのレベルを完全に超えてました。「走れる方が勝つ」みたいな時代は終わってます。

 

これを機に高校年代のサッカーも追いかけていきたいと思います。

「the NEXT」、次回もよろしくお願いします。

 

それでは!

©︎yamadamanblog all right reserved