【横浜Fマリノス】DF前貴之選手とは何者か?【補強シリーズ⑤】

各チームの補強もだいぶ進んできましたね。

 

マリノスに関しても新加入選手だけでなく、ティーラトン選手やエジガル選手の完全移籍などの嬉しいニュースも飛び込んできています。

 

そんな中で今回は、加入が決まった前貴之選手についてリサーチしたのでご紹介します。

 

【横浜Fマリノス】DF前貴之選手とは何者か?【補強シリーズ⑤】

 J2からやってくる前選手。

マリノスフロントの有能さはもはや知ってらっしゃるとは思いますが、マリノスファンの中には僕のようにあまりJ2を見ない方もいらっしゃると思います。

 

ぜひ今回の記事で彼について知って活躍を期待しましょう!

 

基本情報

f:id:yamadaman0618:20191231134146p:plain

  • 前 貴之 
  • まえたかゆき
  • 1993年生まれの26歳
  • 172cm62kg
  • 北海道出身

 

ポジション:右サイドバックがメイン

ポジションはDF。

主に右サイドバック、またはセンターバックの右を務める。ユース時代にはボランチなども務めたこともあり、守備のユーティリティプレーヤーでもあります。

 

経歴

コンサドーレ札幌ユース出身。

同期は荒野拓馬選手、奈良竜樹選手、榊翔太選手、小山内貴哉選手。

 

2012年、札幌でトップ昇格、プロデビュー。

1年目から21試合出場。数字から高いポテンシャルが垣間見えますね。

 

2014年からは富山へのレンタルなどを挟みながら、2017年にレノファ山口へ移籍。

するとここで主力として一気に成長。2017年は24試合出場でキャリアハイを記録しました。

 

2018年は40試合、2019年は37試合に出場しチームの副キャプテンも務めます。

ちなみに3年連続で2ゴールを記録。

 

プレースタイル


前貴之 プレー集 2018 1~18節 | レノファ山口 | Takayuki Mae

 

これを見ると

  • 縦へのロビングでの正確なフィード(動画最初のプレー)
  • 味方を助けることのできるパスをもらう動き(1:00ごろ)
  • 精度が高いクロス。

この辺りが特徴になりそうです。

特にパスをもらうために動き回って敵の間で受けるのはマリノスDF陣がよくやる動きなので、この辺りができるのは戦術適合度が高そうだなと感じます。

 


【公式】ゴール動画:前 貴之(山口)10分 V・ファーレン長崎vsレノファ山口FC 明治安田生命J2リーグ 第8節 2019/4/7

前への抜け出し。運動量。ゴールシーンにはヘディングもある。

空中戦もする松原選手とターンオーバーするにはぴったり。

 

 

 

信頼と実績の証「レノファ山口」育ち

前選手が所属したレノファは凄い選手をたくさん輩出しています。

ここで日本のサッカー好きなら知っておきたいレノファの育成について勉強しましょう。

 

レノファ育成で少し挙げる成功例だけでも、

  • オナイウ阿道(レノファで22得点と爆発)
  • 小野瀬康介(レノファで17得点→ガンバへステップアップ)
  • 小塚和季(トリニータへステップアップ)

などがいます。近年注目のプレーヤーばかりです。

 

また今期も

  • 菊池流帆→ヴィッセル神戸(J1)
  • 三幸秀稔→湘南ベルマーレ(J1)

とマリノスへ移籍した前選手のように大幅にステップアップした選手もいて、育成は成功しているといっていいでしょう。

 

また、レンタルで将来性豊かなプレーヤーを借り受けることが出来ている点も注目です。

 

昨季はFC東京の廣末陸やフロンターレの宮代大聖がチームにやってきましたし、来期も山雅の小松連、ガンバの林瑞樹、レイソルの田中陸などが成長を求めてレノファにやってきます。

 

この影には「レノファに行けばサッカーが上手くなる」をモットーに掲げる霜田監督の存在があります。

サッカー好きなら知っておきたい霜田監督については以下の記事をどうぞ。

number.bunshun.jp

number.bunshun.jp

 

前選手はこのような野心溢れるメンバーの中でしっかりと成長してレギュラーを勝ち取り、副キャプテンを務めていることからも実力とリーダーシップを兼ね備えていることがわかります。

 

この時点でかなり選手として信頼度は高いのではないでしょうか。

マリノスへの合流が待ち遠しいですね。

 

逆境を冷静に跳ねのけるメンタル

こちらはコンサドーレ時代の動画です。


コンサドーレ札幌 北海道NEWS 2015.08.24

 

この中で前選手は、コンサドーレが12試合勝ち星なしの中で5試合ぶりのゴールを決めた選手としてピックアップされています。

 

これは完全に僕の個人的意見ですが、

負けが込んでいてなかなかチームがうまくいかないときにしっかりと自分のプレーができる前選手は、冷静かつ的確なプレーヤーであると思います。

 

来年2020年のマリノスは相当研究されることが予想されます。しかも相手チームは仲川選手のいる右サイドは徹底的に潰してくるはずです。

弱点を突かれ、苦しい戦いになる事もあるかもしれません。今年のセレッソ戦はまさにそうでした。

 

前選手のように苦しいゲーム展開の中でしっかり自分の役割を判断して的確なプレーが出来る選手はマリノスに絶対に必要だし、それが松原選手とのターンオーバーの選手ならなおさらです。

仲川選手がボールロストしたあとの右サイドのトランジション(攻守の切り替え)スピードがマンパワー解決になるのはマリノスの今年の課題でした。

 

それに加えてゴールを決める「持ってる」選手であることも大切。

活躍に期待したいですね。

 

 

まとめ

マリノスのJ2、J3の良い選手をガンガン発掘する手腕は本当に凄いですよね。

補強の仕方が過去とは全然違うし、一貫しているように思います。

 

ただ、活躍すればするほど国外移籍もありうるのがサッカーの世界。

その中でも今年のように次の手をどんどん打ってくれるマリノスに2020年も安心して期待しましょう!

 

 

前選手とマリノスの試合を見たくなった方向け:Jリーグを見るならdazn! 

JリーグはDAZNでしか見られません

この記事を読んでくださっている方の中にはもう入ってない方はいないかもしれませんが、登録はコチラです。

 【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

ちなみに料金は月額1,800円ほどです(docomoユーザーは月額980円)。

しかも今ならなんと1ヶ月無料で体験が可能です。

 

 Jリーグは2月開幕ですので、継続して加入するかは無料期間にじっくり考えてみるといいと思います。

 

今だと南野選手の移籍したイングランドプレミアリーグや、メッシ選手のいるスペインのバルセロナ、さらには世界最高レベルの大会であるチャンピオンズリーグもスマホでいつでもどこでも見る事ができます。

 

サッカー以外にも日本のプロ野球やメジャーリーグ、F1、ラグビー、バスケなど料金はそのままでたくさんのスポーツをスマホで見る事ができます。お得です。

まずは無料体験してみてください。

 

それでは!!

 

 

©︎yamadamanblog all right reserved