【浦和レッズ】マリサポの僕がレッズ移籍情報から脅威を感じる理由

【浦和レッズ】マリサポの僕がレッズ移籍情報から脅威を感じる理由

(twitter上での)レッズサポの皆さん

f:id:yamadaman0618:20191225175629j:plain

「今年は14位で降格争いしたし、杉岡にオファーを断られるし、今年の順位は低かったし、槙野もフロントに文句言っていたし、森脇は京都に行っちゃったし、あのユニフォームだし。おいおい今年のチーム大丈夫かよ?」(不安)

 

本記事の内容

今回はtwitterで流れているレッズサポの皆さんのこのあたりのお悩みを解決します。

大丈夫、来期のレッズは強いですよ。

 

 

なぜマリサポなのにレッズサポの悩みを解決するのか

f:id:yamadaman0618:20191225180301j:plain

チームとして結果が出てないときの気持ちがとてもよく分かるからです。

 

マリノスも2017年から年々レジェンドや中心選手をがいなくなってオフシーズンは不安でした。特に2018年は最終的には降格争いでしたからね。

 

確かに僕自身マリノスサポとしては選手を引き抜かれたりしてレッズには悔しい思いも個人的にはあります。

 

ですが日本サッカーという大きな枠ではレッズのようなサポーターが熱いクラブの盛り上がりは絶対必須です。

 

スポーツは敵も味方も、みんなで盛り上がりたいと僕は思っています。ノーサイドです。

 

結論:レオナルドが来たから大丈夫

f:id:yamadaman0618:20191225180459j:plain

でも大丈夫、レオナルド選手が来ました

完全に夜が明けます。

 

以下がレオナルド選手の情報です。

J2の選手ですが抜群の破壊力がある選手ですのでふだんあまりJ2をチェックしていな方はこちらで確認してください。

 

もーすんごいですよ。

 

レオナルド選手情報


【J2】2019 得点王:レオナルド選手(アルビレックス新潟)全28ゴール集

 

基本情報

22歳

ブラジル出身

180cm70kg

ポジションはセンターフォワード

 

 

プレースタイル

オフザボールの動きに優れ、相手を背負いながらでもできるダイレクトプレーで攻撃を活性化させる。

 

さらには当たり負けしないフィジカルも魅力です。

スピードもあるのでポジションどりもスムーズ。

 

しかもゴールへの嗅覚も鋭い。

いつもゴール前にいます。

その上どこからでもシュートを打ってくるという恐怖。

 

え?無敵じゃない?

 

経歴

日本に来る前はブラジルの名門サントスのU23チームに所属。

日本でのプレーを選んだ理由は例え下位カテゴリーリーグで賃金が安くても治安の良いところでサッカーをしたかったからとのこと(涙)。

 

日本では

2018 J3ガイナーレ鳥取

31試合出場 24得点

シーズン得点王

 

2019 J2アルビレックス新潟

38試合出場 28得点

シーズン得点王

 

以上のように2年で順調にカテゴリーが上がってもコンスタントに点が取れています。

中国中東に行ってもおかしくない数字です。これはよく獲得したと思います。

 

もはや活躍しすぎて夏での引き抜きに注意したいですね。。。

 

まとめ:リバプールの戦術だけはやらないでほしいという恐怖

レオナルド選手はセンターフォワードでスピードもあって体も強い。ダイレクトプレーで味方も活かせる。

 

これで中盤に降りてきて動き回ってパス回しに参加しだしたらフィルミーノそのものです。

 

とはいえ、戦術をリバプールに寄せるのだけはやめてほしいです。

 

マリノス戦術の親玉であるマンチェスターシティはリバプールに今全く勝てない。

 

レッズの中盤はハードワーカータイプもいるから再現出来ちゃいそうですね。

 

リバプール型戦術でフォーメーション考えてみた

f:id:yamadaman0618:20191225174949j:plain
いやもう絶対虎視眈々と狙ってる。サイドアタッカーとかセンターハーフとか。

中盤全然放出ないし3カ年計画めっちゃ強い。

 

というわけで、

2020もみんなでJリーグを楽しみましょう。

 

それでは!

©︎yamadamanblog all right reserved