11/19(火)日本代表ベネズエラ戦テレビ放送時間とスタメン予想

11/19(火)日本代表ベネズエラ戦テレビ放送時間とスタメン予想

f:id:yamadaman0618:20191117220528j:plain

1、ベネズエラ戦テレビ放送・キックオフ時間

キリンチャレンジカップ2019

日本代表vsベネズエラ

11月19日(火)19:30キックオフ

パナソニックスタジアム吹田より、フジテレビ系列で生放送!

 

2、キルギス戦から招集メンバーが変更

多くのメンバーを試したい、または年明けに行われる東アジア選手権に向けたメンバー選考の一環なんでしょうか。

今回のベネズエラ戦はキルギス戦から招集メンバーを変更しています。

 

欧州組はオフにできるのでしっかり休んでヨーロッパの戦いに備えたいですね。

 

Jリーグ組はここで結果を出して、国際舞台に名をあげたいです。

東アジア選手権は例年国内組で日本代表を組んで参加してますが、「今回はオリンピックを見据えて若手世代で臨む」なんて噂もあります。

呼ばれるように奮起してほしいところ。

 

離脱したメンバー(海外組)

・シュミットダニエル(シントトロイデン)

・長友佑都(ガラタサライ)

・吉田麻也(サウサンプトン)

・酒井宏樹(マルセイユ)

・安西幸輝(ポルティモネンセ)

・遠藤航(シュツットガルト)

・伊東純也(ヘンク)

・南野拓実(ザルツブルグ)

・鎌田大地(フランクフルト)

 

合流したメンバー(国内組)

中村航輔(柏レイソル)

車屋紳太郎(川崎フロンターレ)

三浦弦太(ガンバ大阪)

進藤亮佑(コンサドーレ札幌)

荒木隼人(サンフレッチェ広島)

大島僚太(川崎フロンターレ)

古橋亨梧(ヴィッセル神戸)

井手口陽介(ガンバ大阪)

オナイウ阿道(大分トリニータ)

 

注目選手はこの3人だ!

古橋亨梧

サイドアタッカーからトップまでこなす攻撃のユーティリティプレーヤーです。

ヴィッセル神戸でイニエスタというワールドクラスのパサーと出会い、爆発的に進化を遂げたこの選手。

一瞬の裏抜けの鋭さはすでにJでダントツです。

実は柴崎選手や大島選手のパスを最も活かせるのは彼なのでは。

 

オナイウ阿道

ナイジェリアにルーツを持ち、抜群の身体能力を持つオナイウ選手。

プレーの特徴はボディバランスを活かした柔らかでしなやかなボールキープ能力で、代表では鎌田選手に近いです。

リーグでは今期10点をマークし、ポジショニングが上手なタイプ。

ジャンプ力を活かしたヘディングも持っている。日本の新たな武器となるでしょうか。

 

進藤亮佑

進藤選手の良さは、とにかく対空戦闘力に優れていること。

ディフェンスだけでなく、ヘディングでの得点も非常に強力。

コンサドーレ札幌の試合で彼がゴールするとき、ディフェンスなのになぜかゴール前にいて「#なぜここに進藤」がtwitterでも流れるw

対人が強いのも魅力。日本代表のセンターバックは良い人材が多いので、ここで試合にしっかり絡んで代表定着を狙いたいです。

 

3、ベネズエラ情報

FIFAランク・強さ・対戦成績

2019年10月24日に発表された最新のFIFAランキングでは26位(日本は28位)です。

また若年層の成長と活躍が著しく、2017年に行われたU20W杯ではメキシコ、ドイツと同居したグループステージを首位で突破。

最終的には準優勝を果たすなど力をつけてきています。

ランクはほぼ同じですが、南米のチームの勝負強さを加味するとやりづらさもありそうですね。

テストマッチとしては非常に優秀な相手と言えます。

過去の対戦成績は日本の1勝3分。

全て親善試合での対戦です。

 

来日メンバーと注目選手

GK

ラファエル・ロモ(シルケボー/デンマーク)

ウィルケル・ファリニェス(ミジョリナリオスFC/コロンビア)

DF

ロベルト・ロサレス(レガネス/スペイン)

ロルフ・フェルツセル(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)

ウィルケル・アンヘル(グロズヌイ/ロシア)

ミケル・ビジャヌエバ(マラガ/スペイン)

ガブリエル・ベニテス(スリア)

ジョルダン・オソリオ(ゼニト/ロシア)

ロナルド・エルナンデス(スターベク/ノルウェー)

ナウエル・フェラレシ(ポルトB/ポルトガル)

MF

ヤンヘル・エレーラ(グラナダ/スペイン)

トマス・リンコン(トリノ/イタリア)

ベルナルド・マンサノ(デポルテス・トリマ/コロンビア)

ロムロ・オテロ(アトレティコ・ミネイロ/ブラジル)

ダルウィン・マチス(グラナダ/スペイン)

ファン・パブロ・アニョル(マラガ/スペイン)

レンソ・サンブラノ(ポートランド・ティンバーズ/アメリカ)

ジフェルソン・サバリノ(レアル・ソルトレーク/アメリカ)

ジェフェルソン・ソテルド(サントス/ブラジル)

FW

サロモン・ロンドン(大連一方/中国)

フェルナンド・アリステギエタ(モナルカス・モレリア/メキシコ)

ジョン・ムリジョ(CDトンデラ/ポルトガル)

アンドレス・ポンセ(グロズヌイ/ロシア)

監督

ラファエル・ドゥダメル

 

ベネズエラ代表の選手で注目すべきは2人のビッグネーム、

トマス・リンコン(トリノ/イタリア)

サロモン・ロンドン(大連一方/中国)です。

 

リンコン選手はユベントスにも在籍経験のある中盤のファイター。

ロンドン選手は強靭なフィジカルを持つストライカーで、昨シーズンまでプレミアリーグ通算152試合出場40得点。

現在は実績を買われ中国でプレー。

ベネズエラ代表はこの核となるプレーヤーたちを中心に、成長著しい若手との共存を図っている途上です。

はっきり言って強いです。 

 

4、日本スタメン・フォーメーション予想

f:id:yamadaman0618:20191117204714j:plain

フォーメーションは3−4−2−1というよりは3−4−3。

前線は武蔵選手にパスを当ててタメをつくり、古橋選手や浅野選手がそこを追い越してスペースに飛び出す事でチャンスをたくさん作り出してほしいです。

スピードのある2人なので、ダイアゴナルランやハーフレーンへのランは効果的だと思います。

パスを出せる大島選手に期待です。

 

キーパーは希望を込めて中村選手。

ディフェンスは経験を汲んでこの3名です。

進藤選手、荒木選手は後半から登場するのではないでしょうか。

中盤サイドのウイングバックはサイドバックで慣れている2人を。

ドイスボランチはパサータイプの2人を並べたので、どちらかが山口蛍選手になるかもしれません。

 

親善試合なので6人まで交代が可能になるこの試合。

森保監督は交代のタイミングが遅いですが、後半開始のタイミングなどで色々試してほしいと思います。

オナイウ選手の登場も非常に楽しみですね。

 

まとめ

ベネズエラ戦は楽勝とはいかないかもしれません。

しかし、国内組は好調な選手が選ばれています。

選抜メンバーから考えると、Jオールスターチームといってもいいかもしれません。

終盤のJリーグに反映できるように、勢いのある試合を見たいです。

非常に楽しみです。

 

それでは!!

©︎yamadamanblog all right reserved