サッカーオリンピック日本代表はキルギス戦日本代表より確実に面白い件

2020年、東京オリンピック。

実は日本サッカー協会は、この最大の祭典に合わせて選手を大切に大切に育ててきました。

もちろん、優勝を狙うためです。

11月17日(日)、オリンピックに向けて招集された22歳以下のメンバーが日本でお披露目となります。

今回はこのメンバーの注目ポイント、そして招集された選手をポジション別に見ていきます。

 

という訳で、

この記事はオリンピックでサッカーを楽しみたい方に向けた記事です。

これを読み終わる頃には、オリンピックサッカーの開幕が今の100倍待ち遠しくなっているはずです。

 

【前提】まずは3つの注目ポイント

サッカー東京五輪世代図鑑

サッカー東京五輪世代図鑑

 

 見ていく上での前提知識を確認しましょう。

 

1、バルサ?レアル?メガクラブ所属世代です。
Number(ナンバー)985号[雑誌]

Number(ナンバー)985号[雑誌]

 

 

代表メンバー紹介の際に必ず紹介される「所属クラブ」。

今回のメンバーにはなんと

  • レアルマドリー
  • バルセロナ
  • マンチェスターシティ

など、条件付きではありますが、あまり詳しく方でも知っている世界最強クラスのメガクラブに所属している選手がいるんです!

 

断言しますが、日本のサッカー史上ここまでのことは無かったです。

ワクワクしない方がおかしいですね。

 

2、世界大会への参加でメンバーがレベルアップ!

 今回のメンバーは20歳そこそこと若手ながら活躍しており、国外移籍していない選手もJリーグでは既にレギュラーです。

なぜこれだけ高いレベルに育ってきたのでしょうか?

 

その理由は、サッカー協会が国際大会にたくさん出場させてきたからです。

場数が違います。

そのためこれまで地上波での放送はありませんでした。

我々ファンの目に触れる機会のなかった宝石たちのプレイが見られるのですから、ワクワクしない訳がありません。

 

3、成功の遺伝子(メンタルが違う)
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 

 今回選ばれた最年少は18歳で2001年生まれ。

少年時代経験した2010年ワールドカップでは日本代表は本大会出場どころかベスト16。

さらに香川、本田、岡崎、長友など日本人が海外でステップアップするのを自分の未来として感じてきた世代です。

しかもこの世代の選手たちは年代別の大会で南米やヨーロッパのチームと戦い、勝ったり負けたり同等に切磋琢磨してきているのです。

正直言って、これまでのチームとメンタルが違うし、移籍しても結果(数字)を常に追い求めています。

オリンピックは純粋に期待して良いと思います。

 

ポジション別選手紹介

f:id:yamadaman0618:20191115145742j:plain

さてここからポジション別にみていきましょう

()は年齢

GK

・大迫敬介(20)サンフレッチェ広島

・谷晃生(18)U23ガンバ大阪

  • 今回選ばれたのはこの2名。サンフレッチェでもスタメンを張り、これまでこの世代のゴールマウスを守ってきた大迫選手がメイン。
  • 本番は川島選手が闘魂注入役としてオーバーエイジ招集の可能性がある。

 

DF

・板倉滉(22)フローニンゲン/オランダ

・岩田智輝(22)大分トリニータ

・立田悠悟(21)清水エスパルス

・原輝綺(21)サガン鳥栖

・瀬古歩夢(19)セレッソ大阪

  • 板倉選手は天下のマンチェスターシティ(イングランド)に移籍後、現在オランダにレンタルで武者修行中というワンダフルな22歳。いつもはA代表に呼ばれている実力者。彼と後ほど登場する富安選手がこの世代のDFリーダーと言えるでしょう。
  • 他の選手も所属チームでは既に主力。さすが。
  • 注目は追加招集された瀬古選手。19歳ですが既にトップチームに定着。年代別代表には必ず呼ばれてきました。オリンピックまであと1年、さらに化けてほしいです。

 

MF

・中山雄太(22)ズヴォレ/オランダ

・三好康児(22)アントワープ/ベルギー

・田中駿汰(22)(大阪体育大学コンサドーレ札幌内定)

・堂安律(21)PSV/オランダ

・食野亮太郎(21)ハーツ/スコットランド

・菅大輝(21)コンサドーレ札幌

・橋岡大樹(20)浦和レッズ

・菅原由勢(19)AZ/オランダ

・久保建英(18)マジョルカ/スペイン

・長沼洋一(22)愛媛FC

・鈴木冬一(19)湘南ベルマーレ

・高宇洋(21)レノファ山口

  • 普段フル代表にも呼ばれている堂安選手は初合流となる。連携面での問題を乗り越えられればこのチームでの主力となる。
  • 前述の板倉選手に続き、食野選手も天下のマンチェスターシティに移籍後武者修行中。
  • みんなが知ってる久保選手はレアルマドリーから武者修行でレンタル中。世界中が注目している。
  • 他にも19歳の菅原選手、三好選手、中山選手も海外でプレー中。
  • 海外プレーヤーも多く、メンタルモンスターがガン首揃えるこの中盤、誰がスタメンに選ばれるのか本当に注目されます。早く見たい!
FW

・小川航基(22)水戸ホーリーホック

・前田大然(22)マリティモ/ポルトガル

・上田綺世(21)鹿島アントラーズ

  • 2018年のコパアメリカで大学生ながら選出された上田選手、海外移籍間近との噂も。ワンタッチゴーラー。
  • 小川選手は世代No.1完成度の点取り屋。怪我を乗り越え帰ってきました。現在はJ2水戸で活躍して上昇気流に乗ったか。
  • 前田選手は今夏ポルトガルに移籍。顔はスラムダンクの三浦。でもスピードスター。
  • これ以外にも17歳くらいまでFWの候補はいっぱい!また紹介します。有望!

 

今回は怪我などで辞退。。。

・MF田中碧(21)川崎フロンターレ

・MF遠藤渓太(21)横浜Fマリノス

・DF町田浩樹(22)鹿島アントラーズ

・DF渡辺剛(22)FC東京

  • この選手たちは基本第一候補です(どんだけいるの)。
  • 注目は田中選手。年代別大会のイングランド代表戦でマンブザマッチ、しかも大会ベストイレブン/ベストプレイヤー3位、今年親善試合でもブラジル相手にゴール、さらにフロンターレでも大事な試合にスタメンで出場など、この世代の隠れたベストプレイヤーの呼び声も高いです。
  • 他、怪我でなければFC東京の渡辺選手は選ばれるでしょう。マリノス推しとして遠藤選手にも頑張ってほしい!

 

(こんな選手も)ヒーローは本番に現れる!!

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

 

今回参加していませんが、圧倒的実力者の3名。

おそらく本番には現れます。

彼らが日本を栄冠に導くピースとなるでしょう。

  • DF富安健洋(21)ボローニャ/イタリア:今回は怪我。彼はもはやトップ日本代表の中心でもある。
  • MF安部裕葵(20)バルセロナB/スペイン:ゾクゾクさせてくれる野心家。キャリアのために今回は招集を蹴ったとも言われるが果たして真相は...
  • MF杉岡大暉(21)湘南ベルマーレ:日本代表の常連。長友の後継者と目される。顔は老けてる。今回は湘南が2部降格の危機のため、チームを優先か。

 

おわりに...

今回、A代表の試合も同時並行で行われています。

しかし個人的にはこちらの世代のチームの方が面白いと思います。

世界を驚かせてほしい。

 

強いて言うなら大迫クラスの点取り屋がいないことです。

大迫は覇王色の覇気使いなんでチョット世界レベルで特別なんですけども。

攻撃面は練習試合で得点が生まれていないことを考えても少し気がかりですが、連携面としてはまだまだこれからなんでしょう。

もしくは下の世代から突き上げがあるのか??

 

ひとまず日曜のお昼!U22コロンビア戦!

ぜひお楽しみくださいませ。

 

 

©︎yamadamanblog all right reserved