適応力の化身!菅原由勢のクセがすごい攻略本

今日は菅原由勢選手についてです。

すがわらゆきなり選手と読みます。

なんの選手って、サッカーなんです!

いいんです!

非常に、いいんです!

いいんですか〜?

いいんです!(メレンゲを見た)

 

さて、実は今現在、日本の若手サッカー市場は、宝石箱となっています。

・日本代表選出の海外メンバーは過去最多

東京オリンピック世代にも多くの海外組!

・10代で日本を飛び出して世界ナンバー1クラスのメガクラブに囲われる若手も!

という事で、今注目の若手サッカー選手を知っておかないのは本当に勿体無い事です。

今若手選手を知る目を養っておけば、オリンピック・ワールドカップをあと3回ずつは楽しめます。

というわけで、今日は、その筆頭格といっても過言ではありません。

菅原由勢選手です!どうぞ!

なぜ久保建英選手や安部裕葵選手をやらないかって、菅原さんが本当に面白いから。

 1、菅原由勢とは何者か!?

菅原選手は現在オランダでプレーする181cm、71kg、19歳です。

世代としては今をときめく久保建英選手の1個上になります。

本当にこの世代はすごい。

まー久保選手に関してはまた紹介するとして、菅原選手の凄さは「適応力の高さ」にあると言えるでしょう。

ボランチサイドバックセンターバックなど、守備的な役割であればどんなことでも「サクッと」やれる・やり切れるすごい選手だと思います。

しかし彼の凄さ、適応能力の高さは、プレーだけではないのです。

2、やればできる子!YDK由勢の歩みを振り返る。

名古屋で史上最年少プロデビュー

2018年に17歳で名古屋グランパスで2種登録(18歳以下チームに登録しながら出場ができる制度)後、翌日の開幕戦で高校生ながら速攻試合デビュー!

歴史上2番目に最年少でのデビューだったにも関わらずなんとフル出場を果たし、3ヶ月後にはプロ契約を勝ち取った。

その当時の動画がこれ。


名古屋グランパス 菅原由勢 17歳 J1開幕スタメン


「一日一日が自分の人生を左右するという危機感を持ってやれてるので、これを継続して目標を達成していきたい。」:RISING STARS SPECIAL INTERVIEW 菅原 由勢 編

こんな18歳います?

子とかいって本当に申し訳なくなるくらい、圧倒的に理性的に話しています。

頭の良さって、算数ができるだけじゃない。

自分の力量や立ち位置をしっかり把握して、目標を立てること、夢や希望を叶えるにはどうすれば良いか、しっかり考えてる。

こういう人間には、どうやったら育つんですか。

オランダへ!!

翌年、2019年(今年)にはもう彼はオランダへ旅立ちました。

怖い。もう怖い。

生きるスピードが早い。

今現在、彼はAZアルクマール期限付き移籍しました。

期限付き移籍、ということは結果を出さないといけないですよね?

ヨーロッパはそんなに甘くないですよ。

日本代表だって行って試合に出れなくて帰ってくる人もいるくらいですから。

 

え?

 

・1ヶ月後の7月にはヨーロッパで2番目に大きい大会(EL)に出場。

・8月には開幕戦のスタメン。

・その試合で1ゴール。

いやほんと、化け物です。


19歳の衝撃再び!! リーグ開幕スタメンDF菅原由勢がオランダデビュー弾!!AZvsシッタートAZ Fortuna Sittard Eredivisie

 

進化は途中である

10月4日、ELグループステージ第2節、マンチェスターUvsAZ。

f:id:yamadaman0618:20191013185916j:plain

これぞマンチェスターユナイテッド

f:id:yamadaman0618:20191013190009j:plain

お分かりいただけただろうか

ヨーロッパトップの舞台に今、この男は立っています。

今、19歳です。

この日、彼はフル出場し、試合はスコアレスドローになりました。

マンチェスターユナイテッドとは、世界第3位の経済規模を誇り、世界最高リーグであるイングランドプレミアリーグ優勝20回を誇る超弩級クラブです。

(確かにここ最近は調子悪いけども!)

彼は一体、どこまでいくのでしょうか。。。

 

3、適応能力が違う

彼の凄さは、もちろんプレーもそう。

でもそれ以上に、適応能力の高さです。

新しい組織や会社に入ったら、相手とコミュニケーションをとったり、自分をわかってもらったり、そういう根本的なことが必要になりますね。

この男はここが違います。

www.instagram.com

そしてこれ

https://livedoor.blogimg.jp/kurrism/imgs/3/9/39f40334.gif

ちなみにこれゴールを入れた後にチームの公式ツイートに載っていたものです。 

オランダ、ふざけすぎやろ。

 いやしかし、英語やオランダ語がおそらく完璧ではない中で、確実に起用されてしかもゴールするなんて。

信頼を得ていくには、こういうことができないといけないのかもしれませんね。

適応能力がアフリカ並です。

僕もいつか何かで海外移住することになったら、年齢が幾つでもこのテンションで生きていきたいと思います。

やめて撃たないで!

まとめ

色々言ってきましたが、

菅原選手はもともと年代別代表でも世界を相手にガンガン結果を出してきた選手ではあるので、下地はあったんですね。

結果を掴み取る能力というか、チャンスを掴むのが非常に上手なんです。

そこには、本人の準備と努力があっての事です。

ふざけているのも実は計算なのかも。

そういえば大学の時、後輩たちを盛り上げるために全力で一次会で全て出し切ってふざけて二次会はいつの間にかフェードアウトする友人がいました。

結果大盛り上がり。

自分の役割を完全に把握していたのでしょう。

リスペクト。

 

あんまりユニフォームが売ってなくて悲しい。

 

 代表ユニフォーム1枚は持っておきたい

(今のやつ結構かっこいいのでなんか1枚買っときたい人は今のが良いと思います)

 

 

さて、彼は今後の日本代表中心選手になります!(断言)

こういう選手は今後も出していきますので、よかったらまたきてください。

ではでは。

mobile.twitter.com

ツイッターもよろしくです! 

 

©︎yamadamanblog all right reserved