取り急ぎ日本代表レビュー(あとでリライト予定)

◯トピック

→ピックアップしながらいきます

 

吉田麻也

吉田麻也のやり合い方はもう完全にイギリス人。

早い時間でゲームを決めつつあった事が精神的な余裕を生んだ。

最後までミスなく終えられた。

 

 

・サイドの攻防はレベルの差

長友の凄さ→ゴール前に上がるのはちゃんとトレンドを意識している?調子良すぎ。

トレンドとは?

→現代型サイドバックは逆サイドから作った攻撃の最後の仕留め役なので、ゴールを奪う役割を持つ。

 

 

・CL組は完全にレベルアップしてる

代表でなぜ南野が活躍しないか

→いやいや3試合連続ゴールです。シュート数とかタッチ数が多くてよく画面に映るから、結果がなかなか出てないように見えるだけ。

今日は更にキレがあった。

リバプールと互角にやり合って自信がみなぎっていた。

南野の良さはトランジションの早さにテクニックがきちんと追いついているところ

→スピードとテクニックが同居してる。

 

伊東も本当に調子が良い。

クロスに磨きがかかって今ベルギーでアシスト1位だって。

マジかよ。

シュートもあるアジリティがアジアレベルを超えてる。

伊東、南野は特集やろう。

 

 

・ボールを引き出す永井、ちゃんと出してあげられる後方のパス能力

柴崎のパスは終始良い+守備の的確さ

富安もいい縦パスした(怪我心配)

 

 

中島翔哉問題

サッカークラスタの中ではたびたび話題になる中島翔哉問題。

今日に関して言えば、最後の20分は輝いた。

それ以外としては、サイド以外(特にポゼッション時)では判断が遅くボールを持つ時間が長いのでリスキー。

中島翔哉は、得意なゾーンでパスを貰った方がいい。

安西、中島のコンビはあり。というか中島翔哉の事をわかりきってる人が組まないと、クオリティが発揮出来ない。

これは次の試合畠中の出番か?

 

・鎌田のテクニック

良かった。それよりストライカーの嗅覚が凄い。なんですか風祭将ですか。

 

 

◯得点を振り返ろう
1点目

伊東、右のインサイドでカミソリクロスからの南野。CLコンビはキレキレ。クロスが完璧だった。


2点目

吉田が混戦から押し込む。吉田かわいい。


3点目

サイドトゥサイド

伊東→きっちりゴール前まで上がっていた逆サイド長友。記念だからとかではなく、きちんと狙ってやっていたなら継続すべき。

リバプールのアーノルドとロバートソンみたいだった。


4点目

伊東→永井。クロスが完璧。永井の動きが凄かった。躍動感に震えた。

 

5点目はほぼ事故なので省略。


6点目

鎌田はストライカーしてる。

遠藤が調子良い。

久しぶりに日本代表の良いミドルを見た。

 

©︎yamadamanblog all right reserved